よくあるご質問

通信制高校Q&A

1:通信制とはどんな仕組みですか?

通信制は、レポートの提出(添削指導)とスクーリング(面接指導)、単位認定テストによって学ぶ制度です。毎日通学する必要がなく、自分のペースで勉強することができます。この自由度の高さが通信制の大きな特色です。

2:全日制と卒業証書が同じというのは本当ですか?

鹿島学園の場合、全日制と通信制の卒業証書は全く同じです。どちらも同じ「鹿島学園の卒業生」です。高卒資格も全日制と同じです。ですから、鹿島学園の通信制は、就職・進学にだんぜん有利です。

3:「単位制」と「学年制」はどう違いますか?

中学校や全日制高校のように、卒業に必要な学習内容を学年ごとに振り分ける学び方を「学年制」といいます。全日制高校の場合は、決められた単位を取得しなければ上の学年に進級できません(いわゆる留年)。 これに対して、鹿島学園の通信制が採用している「単位制」は、学年の区別がなく、自分のペースで卒業に必要な単位を積み上げていくので、留年という概念がありません。もし取得できなかった単位があっても、次年度に取得すれば良いわけです。

4:転入・編入する前の高校で取得した単位は認められますか?

以前の高校で取得した単位も卒業単位として認められます。在籍期間も累積加算されますので、通算して74単位以上の取得と、3年以上の在籍で卒業できます。

5:誰でも入学できるのですか?

中学を卒業していれば、書類選考と面接により、誰でも入学できます。筆記試験はありません。

6:どのような学習スタイルがありますか?

通信制教育では自己管理能力が強く求められます。しかし自分で年間スケジュールを立てて学習に取り組んでいる生徒は実際にはそう多くはいません。厚木キャンパスでは、自己管理ができる生徒の育成に力を入れています。また、午前あるいは午後に登校してレポートを作成したり、月・火・木・金の午後13:30~15:30には教師から直接指導を受けられる「週4日半日コース」が主軸です。残りの半日を受験勉強やアルバイト、お稽古事に費やすことができます。

7:友達はできますか?

学習センター(キャンパス)への通学やスクーリング、行事や校外学習など、友達をつくる機会はたくさん企画しています。

8:全日制へ転籍することができますか?

学ぶ姿勢と転籍条件が合えば、全日制に転籍することができます。

9:全日制の授業を受けることができますか?

通信制に籍を置きながら、全日制の授業を聴講して単位を取得することもできますし、またスクーリングに代えることも出来ます。これが、「通信制のみの高校」との大きな違いです。

 

その他Q&A

?タイトル

本文